水分は摂り過ぎることは良くない!

2リットル以上の水分は多汗症の原因に

汗の99%は水分です。この水分はとてもたいせつなんですが、実は毎日のように大量の水分を吸収すると、たくさんの汗をかき、多汗症や匂いの原因になるので、ある程度の注意が必要になるかと思います。

 

一般的には健康のために毎日のように2リットル以上の水分を取ることが進められています。しかし、2リットル以上にこだわる必要はないそうです。

 

こだわればキリがなく、どうしても意識して水分をたくさん吸収する人もいます。この水分が、結局は無駄となり、汗に変わっています。

 

デトックス効果を始め、健康管理の一環として病院の医師からも勧められるとおもいます。水分を意識的に飲むように努めている人が現代では増えている。飲まないよりは飲んだほうがいいのですが、水を過剰に摂取すると、体の水分の割会が崩れて、体がむくんでしまい、血液中のナトリウムとイオン濃度が低下、結局はむくみの原因になったり、多汗症やワキガなど、様々な症状が起こってしまうそうです。

 

一日で体から排出する水分は約2000〜2300mlといわれています。だから2リットルと言われているのですが、基本的に食事で約600mlは吸収するために、意識して飲む量は1リットル〜1.5リットルがベストだと言われています。

 

水分は取らないことも毒、飲み過ぎることも毒なので、そこら辺を考えた生活が重要。

 

 

ページトップへ