普段の食事に意識をすること!

肉や脂分は汗の量を増やす?

汗の量を減らすためにプロバンサインを毎日服用することも効果的だと思いますが、その他に普段から食べている食事を少し意識することでも多汗症の予防になります。

 

たとえば、多汗症の原因も一つだけでなく、さまざまなことが重なり起こりやすいとされていますが、その一つとして普段の食事に「肉や脂」などをたくさん食べる(食べ過ぎる)ことで、汗の量が多くなることが関係するそうです。

 

肉などをアンモニアなどのにおい成分が、発生しやすくなりますが、その多くは肝臓で無性化されます。
しかし、毎日のようにたくさんの肉を食べると、におい成分が強くなり、動物性たんぱく質を食べ過ぎることで、吸収率が高くなり、これが原因となり汗の量が多くなってしまいます。

 

そこで、一番は肉や脂分の量を減らすこと、しかし、なかなか難しい分があるために、動物性をやわらげる豆腐や納豆など植物性の物を一緒に取ることで量を減らしてくれます。

 

特に、豆類は汗の量だけでなく、ニオイの部分まで効果を発揮してくれるとのことなので、毎日意識して食べたいものですね。

 

 

ページトップへ