プロバンサイン以外のケア!

多汗症、匂いを最低限予防

汗をかくということ言うことは体温の調節をするために必要なこと。しかし、汗の厄介と所は自分の医師では操作することができないということ。

 

たとえば、咳やクシャミなどはある程度我慢することはできるのですが、汗になると、どうにもこうにも操作できない。むしろ、意識をすると、より汗の量が増えてしまう恐れも・・・。

 

汗が大量に放出されると、どうしても周りの目が気になり、そしてニオイのことも意識をしてしまいます。特に、汗の場合は、精神的な部分で緊張をすると、より汗の量が増え、多汗症状が起こってしまいます。

 

まぁ、一番は「汗が出ても平気だ!!ニオイなんか怖くない!!!」っと意識すれば、緊張感もなく、汗の量もある程度は予防できるかも。ただ、そんな精神的な部分はなかなかやわらげることはできないとは思う。

 

なおかつ、汗はいろんなことが関係し起こることもわかっているために、事前にトラブルのケアをしておくことも大切。

 

このサイトでもちょくちょく話しているように、一番効果的なのがプロバンサインを服用することだと思います。そうすれば、確実に汗の量を減らすことができ、多汗症や匂いに悩まされない。

 

ただ、それだけでなく、香水で匂いを防いだり、毎日のように食べている食事の工夫、汗の量を放出する局所を清潔に、ストレスを溜めない、など、最低限のことを意識すれば、ある程度は予防できるかと思います。

 

 

ページトップへ