プロバンサインを水と一緒に服用する意味

プロバンサインと水

プロバンサインの飲み方についてですが、
まず、基本的に錠剤を水と一緒に服用することが重要です。

 

これは水と一緒に飲むことで、「ノドに引っかからずに胃までで届く」っということもあるのですが、プロバンサインの効果を高めるためにも水と一緒に飲むことが重要になります。

 

ちょっと意識しすぎかもしれませんが、
私の場合は水(150〜200ml)と一緒にプロバンサインを服用しています。

 

錠剤を水がコーティングすることで、プロバンサインだけの効果を発揮してくれます。

 

「別にそこまで考えなくてもいいのでは?」っと思うのですが、
例えば、食後にプロバンサインを服用した場合、胃の中には様々な栄養分が含まれているため、どうしても効果作用が半減するといわれています。

 

しかし、水と一緒に服用することで、コーティングをしてくれるために、プロバンサインの成分がそのまま腎臓などにつたわり、神経伝達物質へ作用を発揮してくれるわけですね。

 

 

ページトップへ