睡眠時のちょっとした工夫を!

寝汗を減らすためにちょっとした工夫を

汗をかくということは、けっして悪いことではありません。体温を調節するためには必要です。しかし、汗の量が多すぎることが問題です。

 

過剰な汗が原因で、嫌なニオイになってしまう。そこで、汗に量を減らすためにプロバンサインを利用します。ただし、汗が大量に放出されるときは、昼間だけでなく、夜の寝静まった時でも起こります。

 

特に厚い夏の夜はエアコンなしでは寝られないという人も多い、しかし、エアコンで汗を止めてしまうことは安眠を妨げてしまい、疲れやストレスの大きな要因になります。疲れやストレスも、多汗症の原因となるために、注意が必要。

 

人間の体の仕組みとして、体温を下げると眠りにつけるようにできてします。
足や手の指先から熱を放出し、汗をかいて体温を正常に戻す、そのために、汗を書くことはけっして悪いことではありません。

 

しかし、過剰な汗はニオイの原因になるために、寝る前には少しの工夫が必要です。

 

例えば、風呂あがりにすぐに寝ると汗をかきやすくなるために、遅くとも寝る1時間前に入浴をすること。自然に汗を書いて徐々に体温を下げておくこと。

 

それから、水分をしっかりと吸収しておくことですです。寝汗をかかなくするために、水分を取る量を極端に減らすと脱水症状になります。寝ている時には起きている時以上に汗を書きやすいために、コップいっぱいの水分を吸収しておくこと。

 

このちょっとした工夫で、就寝時の汗の量を減らすことができます。

 

 

 

ページトップへ