針をさすことで汗の量が減る

脱毛法の一貫「電気凝固」

汗の量が多いことで悩んでいるならプロバンサインをおすすめしますが、汗の量だけでなくて、匂いまで混ざっていたらこれは大問題です。匂いとなると、ワキガのおそれがあるために、周りから白い目で見られている恐れがあります。

 

確かにプロバンサインを服用すれば、汗の量が減るために、その分匂いを抑えることができます。ただし、汗の量が少なくても、それでも匂いが強い人がいれば、結局はワキ臭が周りの人にバレてしまいます。

 

もともと美容法の一環として脱毛の方法で、ワキガ治療に使われている方法があり、電気凝固法があります。これは細かい電気鍼を脇毛の一本一本を貼りに挿して、高周波電流を通して毛根組織を熱で凝固させる方法になります。

 

電気凝固法と言われていますが、もともと脱毛法として考案されましたが、皮脂腺やアポクリンセンも同時に凝固して破壊するために、ワキガの悩みを解消することにも繋がるし、汗の量を減らすことにもなるわけなんですね。つまりはプロバンサインも使用せずに住むわけなんですね。

 

ただし、絶縁針を使った新しい方法が最近になり開発され、これは皮下約5mmまで深く投入できるために、通電時間の延長や電圧アップによってアポクリンセンに対する凝固効果があり、ワキガ治療法としても有効制度が高いと言われています。

 

今まで悩まされている部分を健やかに改善できるのならすごく嬉しいことになるわけですね。一度美容院に相談をしてもいいかと思います。