副作用で喉の渇き

副作用について

プロバンサインの副作用についてですが、
まず、プロバンサインなどの効果のある薬には、基本的に副作用が起こりがちになります。

 

っと、これはプロバンサインだけに言えることでなく、改善率が高いほど、どうしても副作用が起こりやすくなります。

 

特に、プロバンサインのように、神経伝達物質に作用するために、初期段階で副作用が起こりやすいとされています。

 

プロバンサインの副作用

「口の渇き、吐き気、かすみ目、便秘」など

 

私が、初めてプロバンサインを服用し感じたのが「口の渇き」でした。
でも、プロバンサインは汗の量を減らすために、もしかした効き目が出て、喉が渇いているのかも?っと思っていたんですが、これは神経伝達物質や他の部分に作用するために、どうしても初期段階で副作用が起こりやすいそうです。

 

プロパンサインを服用することで、普段とは違ったことが起こるために、体内のいろんな部分が反応し、副作用として喉の渇きや吐き気などが起こりやすくなるそうです。

 

ただ、一週間以上服用すると口の渇きはなくくなっていました。

 

 

 

ページトップへ