汗の匂いを消すには?

嫌なニオイの原因とは?

プロバンサインを1日に2〜3錠服用することで、汗の量を減らしてくれます。しかし、完全に汗が毛穴から放出しないわけではありません。

 

全身多汗症と比較すると、かなり汗の量は減りますが、それでも多少の汗はでてきます。そのために、少し悩むのが”ニオイ”です。

 

汗のニオイにも2種類あり、エクリン汗線とアボクリン汗線があります。エクリン汗線の場合は、水分99%、塩分1%の汗です。こちらは無臭です。それに対して、アボクリン汗線は皮脂と細菌がまじることで”嫌な汗のニオイ”になります。

 

そこで、この汗の匂いを防ぐにはどうしたらいいのか?
ついつい汗が出てくるとタオルやハンカチで拭き、皮膚を乾いた状態にしようとします。しかし、このようなことをすることで、臭いが強くなるそうです。

 

乾いた布で汗をフック取ると、水分はとれても、肝心の匂いの成分であるアボクリン汗線が皮脂と細胞に結合しやすくなるために、ニオイの濃度が高まります。

 

 

そこで準備したいのが「濡れたタオル、ハンチ」です。
濡れている布を使うことで、汗と皮脂、細菌を拭き取ることができるために、嫌なニオイを防ぐことができます。

 

最近では、汗を拭くウエットティッシュなどがドラックイレブンなどで販売していますが、選ぶときは成分に銀イオンが含まれているものを選ぶこと。銀イオンには、殺菌や除菌作用があるために、濡れたタオルやハンカチよりも効果は期待できます。

 

 

 

ページトップへ